昔の病院は、先生が全て手書きでカルテを記入していました。現在では、インターネットなどの普及によりカルテを電子化する病院が多くなってきています。個人の病院ではまだまだ手書きのところもありますが、総合病院など診療科目が多く患者数も多いところでは電子化が進んでいます。カルテを電子化にするメリットはたくさんあります。一つは、作業効率のアップが言えます。手書きのカルテは、患者数が増えれば増えるほどどんどんカルテも増えていきます。先生によっては、手書きの字が達筆すぎて他の看護師さんや先生が判別することができないとうこともあります。カルテの量が多くなると探すのにも時間がかかってしまい、患者さんを待たせてしまうということもあり、緊急性がある患者さんの場合、処置の遅れに繋がってきます。さまざまな理由から、カルテを電子化することで作業効率がアップすることが分かります。

カルテの電子化は患者さんのことを理解する上でも大切です

カルテの電子化には、作業効率のアップ以外にも患者さんのことを一目で理解できるといいうメリットもあります。電子化したカルテには、患者さんの症状以外にも、どのような薬が今まで処方されていたのか、既往症や病歴はどのようなものがあるのか、血液型から住所までこまかな患者さんの情報を知ることができます。総合病院の場合では、他の科にかかったとしても、診察券番号からその人の情報を引き出すことができます。新たに別の病気で同じ病院にかかった場合でも、どこの科の先生が見てもその人の情報が一目でわかるというわけです。処方箋を確認することで、新たに出す薬が問題ないかというのも確認することができます。パソコンを使うことによって、どこの科でもすべての患者さんの情報を共有できることが最大のメリットと言えます。

カルテを電子化するとコスト面でもメリットがあります

患者さんの情報を共有できる以外にも、コスト面でもカルテを電子化にするメリットがあります。カルテを全面的に電子化するということは、初期費用に相当なお金がかかります。また月々のランニングコストというものもかかってきます。しかし、その初期費用をかけてでも電子化にするメリットはあります。カルテを電子化することで、人件費の節約にもなります。カルテを探すなどの手間がなくなるからです。別の科にかからなければいけない患者さんがいる場合、手書きのカルテでは看護師さんが先生のもとまで届けなければいけません。そういった人手も省くことができます。また、あってはならないことですがカルテを移動させるということは、紛失や手違いが出ることもあります。インターネットで共有すれば紛失することは絶対にないですし、診察券番号と名前での検索ですので間違いが起きることも少なくなります。