電子カルテは、いわゆるカルテを呼ばれている紙ベースの診察記録を電子データにしたものです。しかし、ただ単に手書きからキーボード入力に変わったものだと考えるのではなく、電子化されたカルテでは患者の様々な情報をシステム上で一元管理できるようになると捉えるのが良いでしょう。別の機関で行った検査結果もデータで取り込めるようになるので、診察情報と共に閲覧が可能です。過去の検査結果も時系列に保管することができるので、簡単にさかのぼることができます。そもそもカルテを電子化すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。電子カルテのメリットを一言で表すと、「減らす」というキーワードが浮かび上がってきます。まず一つ目は、「時間を減らす」です。電子化により作業効率がアップするため、それまでかかっていた時間の短縮になるのです。

電子化したカルテで解決できる問題と注目したいメリット

医師の視点でメリットを見ていきましょう。パソコン上でカルテへの記載が慣れてくると、紙のカルテより断然早く、またより多くの情報が記載できるようになります。次に受付業務の視点で見ていきます。これまで大変だった必要なカルテを膨大な量の中から探していた手間と時間が減らせます。会計や予約に要する時間や、レセプト(医療報酬の明細書)や証明書、紹介状など様々な文書作成にかかっていた時間も減らすことができます。この作業効率のアップは、人件費などのコスト削減につながります。紙そのものの使用量も減るのでコスト削減になります。次に、「スペースの無駄を減らす」ことも可能です。受付の後ろ側にズラリ並べられた紙のカルテの棚も、今ではあまり見かけません。紙のカルテは増え続ければ収納に場所をとりますが、電子カルテは患者が増えていっても心配ありません。カルテの保管スペースの確保に悩まなくて済むようになります。

電子化したカルテで防げるミスと大きなメリット

「ミスを減らす」こともできるようになります。病院にはたくさんのスタッフが関わり合いながら仕事をしています。特に規模の大きな病院になるとチーム医療は今の常識です。ベテランから若手まで、先生によって字や記載の仕方の癖を把握するのはたいへんです。そのことが原因で、注射や点滴といった日々の業務で間違いが起こるのは避けたいです。手書きではないことで誰でも見やすく、理解しやすい、転記する必要もないので人的なエラーを未然に防ぐことができます。また、「リスクを減らす」というメリットも大きいです。ミスも心配ですが、災害への備えも心配です。災害時に病院が被害を受けた場合、どうしても紙のカルテは消えて無くなる心配があります。電子カルテは、その点データがバックアップされているのでとても安心です。ミスとリスク管理の点からもカルテを電子する意味は多いにあるのです。