医療機関で患者様の病歴や診療内容をなど多くの個人情報を書くカルテというのは、インターネットが今ほど普及する以前では、医師や看護婦さん、職員の方などの手書きが普通でしたが、現代では電子のカルテを使っている医療機関が多くなってきました。インターネットが使えれば、データベースにその膨大な個人情報の全てのデータを置いて、そこからネットを通じて情報を取り出せる形というのは、スピーディーで大変便利なメリットが多いですし、医療機関に限らず他の業種でも、ネットを介した情報伝達やデータベース作成へと時代が進むにつれて向かっているのはIT社会である所以です。しかし、ネットを使うからこそのデメリットもそこにはあるわけです。たとえば、情報の流出、ウィルスの侵入、ネット回線の不具合といったように、一般社会でも起こり得ることが電子のカルテを利用する際にもあることを踏まえた上で、利用していくことが求められるのです。

電子のカルテのメリットは情報の蓄積や伝達に優れています

手書きではなく、電子化された電子のカルテにすると、今まで膨大な紙の量であったのがスリム化をされてペーパーレスになるというメリットがまずは目に見えてあります。ただし、データベースに患者様お一人お一人の情報を打ち込んでいく作業があって始めて成り立つことでしょうから、そういった作業をしていく人的、時間的な初期の投資は必要になってはくるでしょう。また電子のカルテの優れたところは、患者様の必要な情報を従来の手書きでの紙で探し出すよりも、スピーディーにかつ正確に、そしてどこからでも簡単に取り出せることがあります。これは医療現場での時間の短縮や、人の手による作業の効率化を図ることになり、ひいてはコストダウンにも繋がっていくので、利用する側には大きなメリットがあると言えるでしょう。

電子のカルテを使うと利便性の向上のメリットがあります

また電子のカルテを使うことで、関係する系列の病院や医師などが情報の共有をすることができるのもメリットです。昔の紙の時代だと、関係のある系列の病院間で情報を共有しようと思ったら、新たなカルテの作成やコピーなどが必要だった場合でも、このようにデータベースに情報を置くことで、ネットを通じて複数の医療機関や医師などが同じ情報を必要な時に取り出せることで、そこでも時短や人的要因の削減に繋がります。さらに医療に関わることで発生する入院、保険、その他の様々な手続きに関しても、電子のカルテを使って組んでいるシステムの仕様によっては、手続きが簡易になったりスムーズに処理ができるようになったりさせるネット技術は進んでいますので、さらに現場においての利便性が良くなる可能性が大いにあるのです。